おこせん おやつどきファンサイト

クッキングCOOKING

カンタン幼児食レシピ「おこせん玉子焼き」&「おこせんじゃがいももちの磯辺巻き」

ふーちゃん
おこせん(お子様せんべい)を使った簡単にできる幼児食レシピを紹介します。1歳半〜のお子様にぜひ食べさせてあげてくださいね。
イワネン
おこせんを使うことで優しい風味に仕上がりますよ。フレッシュなおこせんはもちろん、おやつで余ってしまったおこせんを有効利用したいときにもおすすめです。

おこせん玉子焼き

おこせんの食感を楽しめ、朝ごはんやお弁当にも大活躍の一品です。

おこせんしらすチーズ焼き

<材料>

おこせん玉子焼き

おこせん(岩塚のお子様せんべい)
2枚
3個
お好みの野菜(人参、玉ねぎ、小松菜、パプリカ、ねぎなど)
※ピーマン1個がおおよそ50g。ツナ、たらこ、コーン、枝豆、ひじき煮などもOK
みじん切り50g
大さじ1
(A)
水溶き片栗粉
大さじ1
(片栗粉大さじ1/2、水大さじ1/2)
砂糖
小さじ1
醤油
小さじ1/2
少々

作り方

  1. 1. おこせんをジッパー付き保存袋に入れて砕く
    作り方
  2. 2. ボールで溶いた卵、野菜のみじん切り、(A)を混ぜ合わせる
    作り方
  3. 3. 砕いたおこせんを加え混ぜ合わせる
    作り方
  4. 4. 小さめのフライパン又は玉子焼き器に油を入れ、キッチンペーパーで全体に薄く塗る。卵液1/3を入れ奥側から手前に畳み込んでいく
    作り方
  5. 5. 奥に寄せ再度油を塗り、玉子を箸で上げて卵液1/3を流し入れながら奥側から手前に畳み込んでいく
    作り方
  6. 6. 5を繰り返す
    作り方
  7. 7. 巻き簾で形を整え冷ましてからお好みの大きさに切る(巻き簾は食品用ラップやクッキングシートでも代用できます)
    作り方

ポイント

水溶き片栗粉を入れることで玉子が破れにくくなります。卵は混ぜすぎに注意。白身と黄身が混ぜ合わさるくらいに留めることで、ふんわりと仕上がります。
巻き簾で形を整える工程は省いてしまってもOK。ただ、形がきれいに整うのでお弁当などに入れる際はぜひやってみてください。

イワネン
味覚がどんどん大人に近づいていく幼児期には、複雑な味わいも体験させてあげましょう。具材入りの玉子焼きはさまざまな食感も楽しめます。今回はピーマンを使用しました。シャキシャキした食感が楽しいですよ。玉子焼きが甘めなので、苦手な野菜も食べられるかもしれません。
ふーちゃん
おこせんが入ることで、つなぎにもなるし食感がふんわりします。玉子が野菜に絡みやすくなるので形を整えやすいです。

おこせんじゃがいももちの磯辺巻き

お子様が大好きな砂糖醤油と海苔のコラボです。簡単なので、お子様と一緒に作ることができますよ。

おこせんじゃがいももちの磯辺巻き

<材料>

おこせんじゃがいももちの磯辺巻き

おこせん(岩塚のお子様せんべい)
2枚
じゃがいも(中)
2個(約250g)
お好みの野菜(人参、ピーマン、玉ねぎ、小松菜、パプリカ、ねぎなど)
※野菜のほかに、ツナ、たらこ、コーン、枝豆、ひじき煮なども可
みじん切り30g
片栗粉
50g
大さじ1
(A)
砂糖
大さじ1
醤油
大さじ1
※よく混ぜ合わせておく
海苔
1枚
(8等分にする。縦4つ切り、横2つ切り)

作り方

  1. 1. おこせんをジッパー付き保存袋に入れて砕く
    作り方
  2. 2. じゃがいもは皮のまま茹でる、または電子レンジで加熱(600Wで7~8分)して、皮を剥いてからマッシュする。
    ※電子レンジで加熱するときは、じゃがいもを耐熱皿に載せ、ラップを被せて2箇所ほど穴を開ける。空気の流れを作ることで、熱を平等にいきわたらせることができる
    作り方
  3. 3. ボールに2、野菜のみじん切り、片栗粉を入れて混ぜ合わせる
    作り方
  4. 4. 砕いたおこせんを加え混ぜ合わせる
    作り方
  5. 5. 8等分して成型する
    *お好みの形でOK!小判型などの平たい形の方が焼きやすい
    作り方
  6. 6. フライパンで油を熱し、弱火で7〜8分かけて両面を焼く
    作り方
  7. 7. 6を小さめのバットなどに移し、(A)に絡めて海苔を巻く
    作り方

ポイント

じゃがいもの皮はキッチンペーパーを使うと簡単に剥くことができます。火傷には十分注意してください。

イワネン
おこせんを入れることでお米の風味がプラスされます。さまざまな具材を入れてアレンジしてみてくださいね。栄養がたっぷりとれるおやつになります。
ふーちゃん
形を作るときは、ぜひお子様と一緒にやってみてくださいね。自分で作ったものであれば、苦手な野菜が入っていても食べられるかもしれませんよ。

※レシピ内のおこせん(お子様せんべい)とは、赤ちゃんせんべい、ベビーせんべいと呼ばれるものと同等のものです。レシピの再現にはお米を中心にシンプルな材料でできた「岩塚のお子様せんべい」をおすすめします。

メニュー開発

荒木のりこ

荒木のりこ

食育メニュープランナー 食育インストラクター
全国料理技術検定上級 パルシステム神奈川 食育ぱっくん隊
はまふぅどコンシェルジュ

楽しく簡単に食事のレパートリーを増やせる料理教室「norinorikitchen」主宰。子連れで参加ができる料理教室を開講しているほか、企業へのレシピ提案・外部講師として活躍中。

ホームページ
http://nori-nori.biz/

一覧へ戻る

トップへ