おこせん おやつどきファンサイト

ごきげんコンテンツ絵本や音楽など、お子様がごきげんになるコンテンツを紹介します。

じいじ・ばあばや親子とのお出かけがもっと楽しくなるmagodoco(マゴドコ)って?

イワネン
お子様はたくさんの人と関わりながら大きくなっていくもの。ママやパパだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんとの交流も楽しんでほしいですよね。
現在全国に広がりつつある「magodoco(マゴドコ)」はお子様とおじいちゃん・おばあちゃん、または3世代でのお出かけをお助けする空間プロジェクト。ご家族での思い出をもっと増やしたい方を応援しています。magodocoとは一体どのようにして生まれたものなのでしょう。企画したコンビウィズ株式会社の担当者さんに聞きました。

お話をうかがったのは……
コンビウィズ株式会社 齋藤靖之さん

じいじ・ばあばや親子とのお出かけがもっと楽しくなるmagodoco(マゴドコ)って?

お母さんたちは、おじいちゃん・おばあちゃんにもっと子育てを手伝ってほしい

ふーちゃん
齋藤さん、よろしくお願いします。さっそくですがmagodocoって具体的にはどんなプロジェクトなんでしょう?
齋藤さん
はい、よろしくお願いします。
共働き家庭が増えている現代においては、これまで以上におじいちゃんやおばあちゃんが子育てに参加することが期待されます。3世代でのお出かけや、赤ちゃん×おじいちゃん・おばあちゃんのお出かけも増えていくのではないでしょうか。magodocoはそんなご家庭をサポートするためのプロジェクトなんです。
実際に私たちが行ったアンケート調査では、お子様の祖父母にお世話を手伝ってほしいという声がたくさん集まりました。
じいじ・ばあばや親子とのお出かけがもっと楽しくなるmagodoco(マゴドコ)って?

Q1.じいじ,ばあばに子育てをもっと手伝って欲しいと思いますか?

A.約6割のママ、パパがじいじ、ばあばに期待しています。

※2019年「ママさん・パパさんアンケート」より
対象:満2才以下のお子様を持つ男女151名
引用元:magodoco storybook コンビウィズ株式会社

お子様のお出かけは体力勝負!おじいちゃん・おばあちゃんは体がついていかない……!?

齋藤さん
ではどんなときにおじいちゃん・おばあちゃんの力を借りたいと考えているかというと、パパやママが病気のときや、お出かけをするとき、という声が多く寄せられました。
お出かけには、3世代でのお出かけも、赤ちゃん×おじいちゃん・おばあちゃんでのお出かけも含まれます。
じいじ・ばあばや親子とのお出かけがもっと楽しくなるmagodoco(マゴドコ)って?

Q2.じいじ,ばあばにマゴを預かって欲しいのはどんな時ですか?

A.1位はご自身が病気のとき。
2位はご自身がお出かけするとき。
3位は一緒にお出かけするとき、
となっています。

※ 2017年コンビで実施した「祖父母との交流・育児に関するアンケート」より抜粋(N=327〜407)
対象:全国に居住する第1子のお子さまの月齢が0ヵ月〜3歳(36ヵ月)まで、祖父母の年齢60〜70歳のうち片道1時間以内に居住
引用元:magodoco storybook コンビウィズ株式会社

齋藤さん
でも、そのお出かけがなかなか大変なんですよね。風花さんは、3世代でお出かけをすることはありますか?
ふーちゃん
そうですね。先日も父と母と子どもの4人でショッピングモールに行ってきました。とても楽しかったのですが、あちこち動きまわろうとする子どもに振り回されて、父母は疲れ切ってしまったようでした。
齋藤さん
そうなんですよね。自分の足で歩き始めたお子様のパワーは無尽蔵でおじいちゃん・おばあちゃんは面倒を見てあげようにもなかなか体力がついていかないことがあるんです。かわいいお孫さんとのお出かけははじめのうちは楽しめても、後半になるとぐったりしてしまう方は少なくないようですよ。
magodocoはまさにそんな皆様をお助けするために始まったんです。
これを見てください。

じいじ・ばあばや親子とのお出かけがもっと楽しくなるmagodoco(マゴドコ)って?

ふーちゃん
これはなんでしょう?
齋藤さん
ショッピングセンターなどの公共の空間に設置してあるCombi magodocoボックスシートGR11です。
お出かけの途中でちょっと一息つきたいとき、これを使えばお子様を安全な場所で安心してお世話することができるんですよ。
これまでも大型のショッピングセンターには誰もが座って休めるベンチなどがありましたが、お子様を安心して見ていられるものではありませんでした。保護者がベンチに腰掛けた瞬間、好奇心旺盛なお子様は走り出していってお店のものを汚したり壊したりしてしまうことがあったんですよね。
このボックスシートの奥にお子様を立たせたり座らせたりして、保護者がブロックする形で腰掛ければ、お子様が勝手に走り出していってしまうことがないんですよ。
ふーちゃん
なるほど。適度な奥行きと背面に高さのあるシートなんですね。疲れてしまった子どもをちょっとお昼寝させるのにもよさそうです。
齋藤さん
お子様が音を鳴らして遊べるちょっとした仕掛けもついているんですよ。
赤ちゃん×おじいちゃん・おばあちゃんでお出かけしたときはもちろん、3世代でショッピングなどをするときにもご活用いただけると思います。お子様を一時的におじいちゃん・おばあちゃんに預けて、パパやママが自由にお買い物を楽しむ時間を作ることもできますよ。
ふーちゃん
子どもを見てもらうときに、両親が勝手に何かを食べさせてしまったりゲームセンターで遊ぶことを覚えさせてしまったりして、ちょっとした喧嘩になったことがありました。このボックスシートのあるmagodoco空間ならそういったトラブルが減りそうですね。
齋藤さん
そうなんです。3世代でのお出かけが最後まで楽しいものであってほしいと考えたんですよ。こういったものがあれば、パパやママはよりお子様を預けやすくなりより子育てがしやすくなっていくのではないでしょうか。
またこれまでお孫さんをご自宅で預かっていたおじいちゃん・おばあちゃんも一緒にお出かけがしやすくなり、生活の質が向上していくと思うんです。

おじいちゃんに子育て参加をしてほしい!

齋藤さん
僕はmagodocoが広がることによって、お子様のおじいちゃんがより子育てに参加できるようになるといいなと思っているんです。
今の高齢者世代の子育てはほとんど女性に任せきりで、多くの男性は子育てをしてきませんでした。ゆえに孫が生まれても、どう接したらいいのかわからないおじいちゃんが少なくないんです。孫が可愛いとは思っても接し方がわからずに尻込みしてしまうなんて、こんなもったいないことはありません。孫の子育てに参加することは、自分の子どものときにはできなかった子育てをやり直すチャンスでもあります。機会と環境を整えて子育てに参加できるようにしてあげれば、それはご家族みなさんにとってもきっといい影響をもたらすと思いますよ。
ふーちゃん
おじいちゃんが子どもの可愛さ、子育ての大変さを体感することは家族のこれからのあり方を変えていくかもしれませんね。
うちも3世代でお出かけをしても父はドライバーや荷物持ちとして終わってしまうことがありました。もっと子どもとの交流を持てるようなお出かけにしていきたいな。
齋藤さん
お子様が小さいときの時間は短いですから、大切な思い出を共有していってもらいたいものです。

magodocoスポットはどこにある?

ふーちゃん
magodocoスポットは全国に広がりつつあります。こちらのサイトよりお近くのmagodocoスポットをチェックしてみてくださいね。 https://www.combiwith.co.jp/biz/magodoco.html

おこせんとmagodocoがコラボ! 孫の日フォトキャンペーン開催中!

2021年1月3日(日)まで、おこせんではmagodocoとコラボして「孫の日フォトキャンペーン」を実施しています。

おじいちゃん・おばあちゃんとお子様のふれあいの様子を写真に撮ってお送りください。
抽選で計50名様に岩塚製菓製品詰合せ&エコバッグをプレゼントします。

キャンペーンの詳細はこちらよりご確認ください。

一覧へ戻る

トップへ