おこせん おやつどきファンサイト

ごきげんコンテンツ絵本や音楽など、お子様がごきげんになるコンテンツを紹介します。

春、おもいっきりお外で遊んだあとに、親子で読みたい絵本

ふーちゃん
もうすぐ春。お外遊びも楽しいけれど、絵本も読んであげたいわ。
イワネン
絵本でも、体を使ったり、想像力を働かせたりして、遊べるんですよ。
ふーちゃん
楽しく遊べるオススメの絵本はあるかしら?
イワネン
JPIC読書アドバイザーに教えてもらった絵本を紹介しますね。

JPIC読書アドバイザーが選ぶ、ご機嫌になるかもしれない絵本

0~2歳

『こねて のばして』

こねて のばして
作/ヨシタケシンスケ 
980円(ブロンズ新社)
「こねて のばして またこねて」「つついて つまんで おしつけて」と軽妙に進むパン生地作り。赤ちゃんをおひざに座らせて、「たたいて ゆらして ころがして」と手や足をゆすって、パン生地こねこね遊びができそうです。
★こねこねしながら遊んだら、おなかもすいてくるかしら。

『とんねるをぬけると』

とんねるをぬけると
作・絵/片山 健 
900円(福音館書店)
こどもたちが電車に乗って出発です。ゴーと、トンネルに入りました。真っ暗です。トンネルを抜けると、あれあれ? みんな雪だるまに変身しています。暗いトンネルを抜けるたびに思わぬものに変身していて、こどもたちには大受けです。
★あれあれあれ?と、こどもの目が輝く様子をお見逃しなく!

3〜5歳

『えがないえほん』

えがないえほん
作/B・J・ノヴァク 訳/おおともたけし 
1,300円(早川書房)
この絵本はタイトルの通り、絵がありません。ナンセンスでおバカな言葉の羅列です。それを大人が、あたかもイヤイヤ言わされているように読むところに、こどもは大笑いし、言葉だけで想像力が磨かれます。
★どんな言葉がでてきても、あまり芝居がからず、たんたんと読むと効果抜群です。

『くるみのなかには』

くるみのなかには
作/たかおゆうこ 
1,400円(講談社)
もし、リスが隠したくるみなら、中はリスのお裁縫箱かもしれない。小さなドアがついていたら、中は小さなおじいさんと小さなおばあさんの家かもしれない。くるみの中の静謐な世界に、じっと耳を傾けたくなります。
★夜、寝る前の静かなひとときにおすすめです。

6歳〜

『この本をかくして』

この本をかくして
文/マーガレット・ワイルド 絵/フレヤ・ブラックウッド 訳/アーサー・ビナード 
1,500円(岩崎書店)
戦争で逃げる途中、お父さんは亡くなりました。ピーターは自分の荷物をあきらめても、お父さんに託された大切な本を持って逃げます。山を越える前に、その本を大きな木の下に埋めて隠しました。いつの日か平和はやってくるのでしょうか。
★本が持つ力が、きっと伝わることでしょう。

『詩って なあに?』

詩って なあに?
作/ミーシャ・アーチャー 訳/石津ちひろ 
1,500円(BL出版)
ダニエルは公園で「詩の発表会」のポスターを見ました。「詩って、なんだろう?」。仲よしのどうぶつたちに聞いて回りますが、どうぶつたちはそれぞれに自分が思う「詩」を教えて、披露してくれました。
★言葉のおもしろさ、お子さん自身も楽しめるようになるといいですね。
協力

安冨ゆかりJPIC読書アドバイザー。書店や病院などでのおはなし会のほか、各種イべントや講習会などで、絵本や読みきかせの楽しさを伝える活動を行っている。

狩野啓子・池内七穂JPIC発行の絵本と読みきかせの情報誌「この本読んで!」編集
ホームページ:
http://www.jpic.or.jp/konohon/

JPIC(ジェイピック)一般財団法人 出版文化産業振興財団。読書や出版について学ぶ「JPIC読書アドバイザー養成講座」や、読みきかせをする人に向けた「JPIC読みきかせサポーター講習会」などを開催。関係各団体とともに、読書推進活動にも取り組んでいる。
ホームページ:
http://www.jpic.or.jp/

一覧へ戻る

トップへ